鹿児島市平川動物公園

楽しく学べる、楽しく遊べる動物公園。日本百景の鹿児島湾の近くにあります。
注目施設は、「新コアラ館」。ガラスなど遮るものがなく間近でコアラを観察できます。
新コアラ館では、18匹のコアラがオーストラリア原産のユーカリなどの植物に囲まれてゆっくり過ごしています。
全国でも珍しいホワイトタイガーや鹿児島県に生息する貴重な動物・クビワオオコウモリもいます。
園内にある「足湯」に入りながら動物たちや桜島を眺めることもでき、ゆったりとした南国鹿児島の情緒を体感できます。

開園時間 9:00〜17:00※入園は16:30まで
休園日 年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
入園料 一般(高校生以上):500円
小・中学生:100円
未就学児童:無料
身体障害者手帳1〜4級(4級は65歳以上に限る)・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳などをお持ちの方:無料
※身体障害者手帳をお持ちで、鹿児島市・北九州市・福岡市・熊本市内居住の70歳以上の方も無料。鹿児島市発行の敬老パスや運転免許証などが必要。

◎年間パスポートあり

ニュース

希少種アマミトゲネズミ、お披露目!鹿児島市平川動物公園で

希少なアマミトゲネズミが、鹿児島市平川動物公園で4月5日にお披露目されました。
アマミトゲネズミは、鹿児島県の奄美大島だけに生息する夜行性のネズミです。
国の天然記念物および国内希少野生動植物種、絶滅危惧種に指定されています。

鹿児島市平川動物公園では、2021年3月からアマミトゲネズミの飼育を開始。
科学的な知見の収集と飼育繁殖技術の確立のため、これまで非公開での飼育が行われていました。
この活動のおかげもあり、この数年で飼育繁殖技術が前進。生息域内外の保全活動や動物園の取り組みを普及するために、今回のお披露目が決定しました。
同じように飼育繁殖に取り組んでいた神戸どうぶつ王国や埼玉県こども動物自然公園、宮崎市フェニックス自然動物園でも、4月5日からアマミトゲネズミに会えます。

鹿児島市平川動物公園のアマミトゲネズミ(オス)は、展示場「発見の森」のトゲネズミ舎で過ごしています。
珍しいアマミトゲネズミに、ぜひ会いに行ってみましょう。

<アマミトゲネズミ>
アマミトゲネズミ※イメージ写真
齧歯目ネズミ科。体長は8〜12㎝、体重は110〜170g。
鹿児島県の奄美大島の森林のみに生息している国の天然記念物です。
特徴は硬くトゲのようになっている全身の被毛。夜行性の動物で、木の実や昆虫などを食べます。

2024/04/05

ルリカケスのひな、巣立ち!鹿児島市平川動物公園では30年ぶり

ルリカケスのひな2羽が、鹿児島市平川動物公園で3月30日に巣立ちました。
鹿児島市平川動物公園にとって、ひなの巣立ちは1994年以来で30年ぶりです。
ひな2羽は今年3月12日に誕生し、巣立った後も順調に成長しています。

ルリカケスは、瑠璃色の美しい羽毛が特徴の鳥です。
鹿児島県の奄美大島・加計呂麻島・請島・枝手久島に生息しています。
繁殖期は2〜4月ごろで、ひなは誕生してから25日ほどで巣立ちます。

<ルリカケス>
ルリカケス※イメージ写真
スズメ目カラス科。体長は約38㎝で、瑠璃色の美しい羽毛が特徴です。
国の天然記念物で、鹿児島県の奄美大島・加計呂麻島・請島・枝手久島に生息しています。
自然界での食べ物は植物の根や木の実、昆虫、小型の虫類など。動物園(※1)では、すり餌や果物などを食べます。
「ギャーギャー」「ミュー」といった鳴き声で、遠くにいる仲間とコミュニケーションをとります。
(※1)上野動物園の場合

2024/04/04

コアラの赤ちゃんが出袋!すくすく成長中

鹿児島市平川動物公園で誕生したコアラの赤ちゃんが、11月8日に出袋(しゅったい)しました。
出袋とは、赤ちゃんが初めて母親のお腹の袋から出ることです。
コアラのメスにはカンガルーと同じくお腹に袋があり、生まれた赤ちゃんは自力で袋に入って約6カ月間その中で成長します。

赤ちゃんコアラは5月13日に誕生し、出袋後もすくすくと成長しています。
母親はこれまで5匹の子どもを育てあげたユメ(8歳)、父親はオーストラリア出身のアーチャー(4歳)です。
今後、鹿児島市平川動物公園では赤ちゃんの名前募集が行われる予定です。

<コアラ>
双前歯目コアラ科。体長は72〜78㎝。体重はオスが約3kg、メスが約6kg。
オーストラリア東部の平地の森や疎林などに生息し、ユーカリの葉を食べます。動物園での食べ物も、ユーカリの葉です。
夜行性あるいは薄暮性で、巣を作らず樹上で眠ります。

2023/11/29

鹿児島市平川動物公園のニュース一覧

アクセス・地図

開く

鹿児島県鹿児島市平川町5669-1

アクセス1

お車で:九州自動車道鹿児島I.C〜指宿スカイライン谷山I.C〜県道219号線〜国道225号線〜国道226号線〜平川動物公園(谷山I.Cより約15分)

アクセス2

電車で:鹿児島中央駅〜五位野駅(約20分)〜平川動物公園/五位野駅より徒歩の場合は約20分

アクセス3

バスで:鹿児島駅前(水族館前)より鹿児島交通2番線で平川動物公園まで約55分

※情報が最新でない場合があります。公式サイトや電話でご確認の上、お出かけください。

動物情報

開く

  • とても珍しいホワイトタイガーの親子がいます。
  • ミナミシロサイ、ヒガシクロサイがいます。
  • ホッキョクグマのカナ(メス)がいます。
  • 鹿児島県や南西諸島にだけ生息している珍しい動物、アマミノクロウサギ、ルリカケス、ナベヅル、エラブオオコウモリなどがいます。

レッサーパンダがいます。

  • メロディ(2017/7/6、メス)
    ガイアとミンファの子です。
  • スバル(2010/6/26、オス)
    2013年5月14日、長野市茶臼山動物園から風美(フウミ)のおむこさんとして来園しました。 つぶらな目に、フサフサした白っぽい毛並みをしているのが特ちょうです。
  • 俊平(2011/7/4、オス)
    生まれは鹿児島市平川動物園、帰属は千葉市動物公園です。

コアラがいます。

ひとことコメント

書き込む

書き込む内容を選んでね!

ニックネームを選んでね!

近くの動物園/水族館/観光牧場

開く

【PR】