宮崎市フェニックス自然動物園

広々とした敷地で動物たちが伸び伸びと暮らす海沿いの動物園。宮崎市の太平洋が望める広大な松の丘陵にあります。ゾウやキリン、ライオン、レッサーパンダなど約100種類1200匹の動物たちに会えます。宮崎県の県鳥であるコシジロヤマドリや鳴き声が人間の笑い声に似ているワライカワセミなど、個性豊かな鳥たちも見どころです。日本でも珍しいフラミンゴショーが行われており、約70羽のチリーフラミンゴたちの優美な姿を楽しめます。

開園時間 9:00〜17:00※入園は16:30まで
休園日 毎週水曜日※春休み・夏休み・冬休み期間は開園/12月31日
入園料 大人(高校生以上)840円/中学生420円/小学生310円/未就学児は無料

ニュース

マサイキリン「コナツ」が熊本へ

2021年12月8日に、マサイキリンのコナツ(1歳)が宮崎市フェニックス自然動物園から熊本市動植物園へ旅立ちました。
マサイキリンは国内で7頭しか飼育されておらず、メスは宮崎市フェニックス自然動物園にいるコナツと母親のコユメ(9歳)だけです。
父親のトウマ(5歳)は熊本市動植物園から婿入りし、コナツへと命を繋ぎました。
コナツにも次の世代に命を繋いでほしいという願いから、熊本市動植物園への移動が決まったそうです。

<マサイキリン>
偶蹄目キリン科。体長は350〜480㎝、体重は450〜1900kg。
アフリカのサバンナ地帯や草原地帯に生息していて、木の葉や木の実、小枝、樹皮、花などを食べます。
体にある茶色のまだら模様は、花びらや葉っぱ、不規則な星のような形をしています。

2022/01/31

お正月特別イベント開催!

通常イベントに加え、お正月特別イベントが1月1日(水)〜3日(金)に開催されます。
アジアゾウ「みどり」が2年ぶりに書き初めを披露する姿が見られます。
他にも、先着100名の小学生までのお子様へのお年玉プレゼントやカピバラの初湯、小動物の抱っこ、ポニー乗馬など様々なイベントが行われます。
初詣のあとは宮崎市フェニックス動物園へ行ってはいかがでしょう。

2019/12/20

2019年の干支「イノシシ」に会えます!

12月20日(木)から、イノシシの「ウリリン(メス、推定8才)」に会えるようになりました。来園した頃はまだうり模様の残る子どもだったそうです。現在は立派に成長した姿で、新しい展示場をのびのび元気に探索しているとのこと。

2018/12/26

宮崎市フェニックス自然動物園のニュース一覧

アクセス・地図

開く

宮崎県宮崎市塩路浜山3083-42

アクセス1

公共交通機関で:JR日豊本線「日向住吉駅」よりタクシーにて10分

アクセス2

お車で:九州自動車道宮崎ICより、一ツ葉有料道路を利用し、住吉ICまで15分。住吉ICを降りると、1分で動物園の駐車場が見える

アクセス3

シーガイアより:シーガイアエリア内を無料で循環するシャトルバス動物園行きに乗り、終点動物園下車(約10分)

※情報が最新でない場合があります。公式サイトや電話でご確認の上、お出かけください。

動物情報

開く

  • 宮崎県の県鳥であるコシジロヤマドリがいます。名前のとおり腰部分が白い鳥で、2017年6月7日に初めてヒナが孵化しました。
  • インドネシアのスマトラ島だけに生息する希少なスマトラトラのファントム(オス)がいます。

レッサーパンダがいます。

  • リコ(2013/6/25、メス)
    以前、宮崎市フェニックス自然動物公園にいたリボンの子です。 2015年1月15日、周南市徳山動物園から帰ってきました。

ひとことコメント

書き込む

書き込む内容を選んでね!

ニックネームを選んでね!

近くの動物園/水族館/観光牧場

開く

【PR】