高知県立のいち動物公園

キリン、レッサーパンダ、ペンギンなどの人気動物のほか、世界的にも珍しいドウグロタマリンなども見られる。ふれあいコーナーもあります。

開園時間 9:30〜17:00※入園は16:00まで
休園日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)/年末年始(12月27日〜翌年1月1日)
入園料 大人470円/18歳未満・高校生以下は無料

ニュース

ミナミコアリクイの赤ちゃん誕生!

ミナミコアリクイの赤ちゃんが2019年12月20日(金)に産まれました。
お母さんは「リン」、お父さんは「コア」です。今回の赤ちゃんはリンにとって2頭目、コアにとって3頭目の子どもになるそうです。
授乳している姿が確認され、赤ちゃんはすくすくと成長しているとのこと。現在、寝室で子育てしているため、展示場で見られるのはもう少し先になります。

<ミナミコアリクイとは>
オオアリクイの仲間で、クリーム色の体にチョッキ状の黒い帯が特徴です。前足の長く鋭い爪でアリやシロアリの巣を壊し、出てきたアリを長い舌で舐めとって食べます。ブラジル、アンデス地方東部の森林、草原に生息しています。

2020/02/05

マレーグマ「タチオイ」にまた会えます!

マレーグマの「タチオイ(メス)」は出産の傾向が見られたため、お休みしていましたが、11月22日(金)から会えるようになりました。
今回は残念ながら出産には至らなかったそうです。
現在、ワンピイと仲良く過ごしているとのこと。

<マレーグマとは>
クマの仲間で最小です。丸い小さな耳と短い毛が特徴で、木登りが得意です。東南アジアに生息しています。

2019/11/27

ビントロングの赤ちゃん誕生!

5月31日(金)に、ビントロングの赤ちゃんが産まれました。
赤ちゃんは予定日ぴったりに産まれたそうです。
お母さんの乳が十分なのか、鳴き声はたまにしか聞こえないとのことです。安心して子育てできるように巣箱をのぞいていないため、赤ちゃんの頭数は不明です。
順調に育てば、8月初句に会えるとのこと。それまで、ビントロングの公開はお休みになります。

<ビントロングとは>
ジャコウネコの仲間の中で、最大の種です。発達した尾が特徴で、先端を木に巻きつけることができます。密林に生息しており、果物を主に食べます。

2019/06/20

高知県立のいち動物公園のニュース一覧

アクセス・地図

開く

高知県香南市野市町大谷738

アクセス1

お車で:高知自動車道南国ICより20分

アクセス2

お車で:高知龍馬空港より10分※風力発電が目印

アクセス3

公共交通機関で:JR土讃線から土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線に乗り、のいち駅で下車。徒歩20分

※情報が最新でない場合があります。公式サイトや電話でご確認の上、お出かけください。

動物情報

開く

レッサーパンダがいます。

  • カイ(2005/7/1、メス)
    のいち動物公園生まれののいち育ちです。母親「フウ」似の美人です。
  • カイ(2008/6/16、オス)
    2013年3月23日、市川市動植物園から来園しました。
  • みたらし(2013/6/25、メス)
    2016年4月25日、とくしま動物園から来園しました。
  • マロン(2017/7/17、メス)
    2017年7月17日、高知県立のいち動物公園で産まれました。

もっと楽しむ

イベントに参加したり動物園に貢献出来る『のいち動物公園友の会、動物サポーター、NZV』があります。詳しくは動物園までお問い合わせください。

ひとことコメント

書き込む

書き込む内容を選んでね!

ニックネームを選んでね!

近くの動物園/水族館/観光牧場

開く

【PR】