愛媛県立とべ動物園

西日本屈指の規模をほこる動物園。
松山市中心部から車で約20分の緑豊かな愛媛県総合運動公園内にあります。
国内初の人工哺育に成功したホッキョクグマのピースや、国内唯一のアフリカゾウの家族、愛媛で観察できる野鳥たちに会えます。
2021年にリニューアルされたアシカ舎や水中のペンギンを下から覗けるプール、自然に近い環境を再現したチンパンジーの森も見どころです。
また、ウサギやモルモットなど小動物との触れ合いや、ポニーのエサやり、乗馬体験も楽しめます。

開園時間 9:00〜17:00※入園は16:30まで
休園日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)※1月3日、4月4日、5月2日、8月15日、2023年1月3日は臨時開園/年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
入園料 大人(18歳以上):500円
65歳以上:200円 ※年齢確認できるものが必要。
高校生(15〜17歳):200円
小・中学生(6〜14歳または中学生以下):100円
幼児(6歳未満):無料
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳などをお持ちの方:無料

◎年間パスポート、前売り券あり

ニュース

お披露目!今年2月生まれのジャガーの赤ちゃん

愛媛県立とべ動物園で4月26日に、ジャガーの赤ちゃんがお披露目されました。

ジャガーの赤ちゃんは、今年2月10日に誕生した男の子。お母さんはミワ、お父さんは卯月佐助です。
母のミワは体毛が黒色の黒ジャガーですが、赤ちゃんの体毛は父の佐助に似た黄色と黒色の斑点模様でした。
赤ちゃんは母ミワの愛情を受けてすくすくと成長し、4月17日から展示場に出る練習をスタート。
当初は緊張気味でしたが、最近では展示場をてくてく歩き回ったり、母ミワとじゃれたりする姿も見られています。
赤ちゃんジャガーには、園内のアメリカストリートの獣舎で午後1時30分〜午後2時30分に会えます。
小さくて可愛い赤ちゃんジャガーに、会いに行きませんか?

<ジャガー>
ジャガー※イメージ写真
食肉目ネコ科。体長は1.1〜1.8m、体重は40〜160kg。
北アメリカ南部から南アメリカの熱帯雨林(アルゼンチン北部)に生息し、単独で行動します。木登りが得意で、泳ぎも上手です。
自然界での食べ物はシカやサル、バク、カピバラ、魚、ワニ、カメなどです。動物園(※1)では馬肉や鶏頭、レバーを食べています。
(※1)静岡市立日本平動物園の場合

2024/05/02

赤ちゃんライオンが誕生!ミルクを飲んで順調に成長中

ライオンの赤ちゃん4頭が、愛媛県立とべ動物園で3月12日に誕生しました。
お母さんはリリ花(9歳)、お父さんはネオ(9歳)です。

残念ながら、4頭のうち1頭は生まれて4日後に天国へ行ってしましました。3頭は、お母さんのリリ花のミルクを飲んで順調に成長しています。
お披露目の日は未定ですが決まり次第、愛媛県立とべ動物園の公式サイトでお知らせされます。
ライオンの赤ちゃんたちに会える日が待ち遠しいですね。

<ライオン>
食肉目ネコ科。体長は2.3m、体重は150〜230kgです。
サハラ以南のアフリカの草原地帯に生息していて、群れで狩りをする肉食動物です。
動物園(※1)では、馬肉や鶏頭などを食べます。
(※1)多摩動物公園の場合

2024/03/28

赤ちゃんラマの名前が「ライミ」に決定!意味は、南アンデスの言葉で「祭り」

愛媛県立とべ動物園で昨年12月に誕生した赤ちゃんラマ(オス)の名前が、「ライミ」に決まりました。

ライミは、ラマの生息地である南米アンデスの言葉で「祭り」という意味です。
赤ちゃんラマが毎日お祭りのように元気よく飛び跳ねている様子にちなんで、名付けられました。
また、年明けから暗い出来事が続いているので少しでも明るい名前をつけたいと思い、「祭り」を意味する言葉を選んだそうです。

ライミは現在、お母さんの「タイヤキ」とおじいちゃんの「ハク」と一緒に暮らしています。
おじいちゃんのハクとは、最近同居し始めたばかりです。初対面の際、元気すぎるライミに驚き、ハクは飼育員の後ろに隠れてしまったこともあったそうです。
大人ラマも驚くほど、元気いっぱいな赤ちゃんラマのライミに会いに行ってみませんか?

<ラマ>
ラマ※イメージ写真
偶蹄目ラクダ科。体長は約1.2m、体重は約70〜140kg。おとなしい性格で、暑さ寒さに強い動物です。
アンデス高地の標高2300〜4000mの草原ややぶ地に生息し、草を食べます。動物園(※1)での食べ物は、乾草とペレットです。
アンデス地方では家畜として飼育され、食用だけでなく険しい山道での荷物運搬にも役立っています。
(※1)東武動物公園の場合

2024/03/13

愛媛県立とべ動物園のニュース一覧

アクセス・地図

開く

愛媛県伊予郡砥部町上原町240

アクセス1

動物園行きバスで:JR松山駅〜動物園前/松山市駅〜動物園前/伊予鉄立花駅〜動物園前

※情報が最新でない場合があります。公式サイトや電話でご確認の上、お出かけください。

動物情報

開く

  • クロサイは2頭います。
  • クー(メス)。2005年に横浜市立金沢動物園から来園しました。人なつっこい性格です。細くて比較的短い角が特徴です。
  • ストーム(オス)。2007年に広島市安佐動物公園から来園しました。人なつっこい性格です。根元が太く長い角が特徴です。
  • ホッキョクグマは2頭います。
  • バリーバ(メス)。2016年2月22日によこはま動物園ズーラシアから愛媛県立とべ動物園に帰ってきました。
  • ピース(1999.12.2生まれ メス)。愛媛県立とべ動物園生まれです。国内で初めて人工哺育され、立派に成長した有名熊です。

レッサーパンダがいます。

  • コウメ(2014/7/6、メス)
    仙台市八木山動物園から来園しました。好き心おう盛な性格です。名前には、梅の花のように、かわいらしく元気に育って欲しいとの願いがこめられています。
  • リュウノスケ(1999/7/27、オス)
    よく高いところに登って、上からお客さんを見下ろしています。
  • シャンチー(2007/6/26、オス)
    2012年11月、東北サファリパークから来園しました。
  • 砥々丸(2015/7/24、オス)
    シャンチーと優花の子です。

もっと楽しむ

イベントに参加したり動物園に貢献出来る『愛媛動物友の会、動物サポーター』があります。詳しくは動物園までお問い合わせください。

ひとことコメント

書き込む

書き込む内容を選んでね!

ニックネームを選んでね!

近くの動物園/水族館/観光牧場

開く

【PR】