愛媛県立とべ動物園

西日本屈指の規模をほこる動物園。
松山市中心部から車で約20分の緑豊かな愛媛県総合運動公園内にあります。
国内初の人工哺育に成功したホッキョクグマのピースや、国内唯一のアフリカゾウの家族、愛媛で観察できる野鳥たちに会えます。
2021年にリニューアルされたアシカ舎や水中のペンギンを下から覗けるプール、自然に近い環境を再現したチンパンジーの森も見どころです。
また、ウサギやモルモットなど小動物との触れ合いや、ポニーのエサやり、乗馬体験も楽しめます。

開園時間 9:00〜17:00※入園は16:30まで
休園日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)※1月3日、4月4日、5月2日、8月15日、2023年1月3日は臨時開園/年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
入園料 大人(18歳以上)500円/65歳以上、高校生200円/小中学生(6歳〜14歳)100円/幼児(6歳未満)無料

ニュース

人工哺育で成長中!ビントロングの赤ちゃん

飼育員に見守れながら、哺乳瓶でミルクを飲む小さなビントロング。愛媛県立とべ動物園で1月27日に誕生した赤ちゃんです。
ビントロングはネコやクマのような顔立ちをした動物で、長いしっぽとアーモンドのような体臭が特徴です。

誕生したビントロングの赤ちゃんは3匹いましたが、そのうちの2匹は生まれて間もなく天国へ。
母親が子育てをする様子が見られなかったので、残った1匹は人工哺育で育っています。
赤ちゃんに会える日は未定で、今後お知らせされるそうです。
これからも順調に成長して、元気な姿を見せてほしいですね。

<ビントロング>
ビントロング※イメージ写真
食肉目ジャコウネコ科。体長は61〜97㎝、体重は9〜17kg。
マレー半島やインドネシア半島などからスマトラ、ジャワ、ボルネオ島の森林に生息しています。
体臭はアーモンドやポップコーンのような独特な香りです。自然界での食べ物は果物類、虫、鳥など。
動物園ではイチゴ、ミカン、バナナ、パパイア、キウイ、リンゴ、蒸しサツマイモ、蒸しニンジン、馬肉、鶏ムネ肉を食べます。(福岡市動物園の場合)

2023/03/01

久しぶりの大きなプールを満喫!ホッキョクグマのピース

2月16日、大きなプールで気持ちよさそうに泳ぐ1頭のホッキョクグマがいました。
とべ動物園の人気者のピース(メス・23歳)です。

ピースは人工哺育を受けて育ったホッキョクグマ。普段は小さなプールがある展示場で暮らしています。
2月16日はその展示場の改修があり、久しぶりに大きなプールがある屋外の展示場で過ごすことに。
大きなプールの中でのびのびと泳ぎ、楽しそうにおもちゃで遊ぶピースの姿が見られました。
久しぶりに広々とした水の中を満喫できて、良かったですね。

<ホッキョクグマ>
食肉目クマ科。体長は2〜3m。体重はオスが350〜800kg、メスが175〜300kg。
北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸北部、北極圏に生息しています。
主食はアザラシで、魚類、鳥類やその卵、漂着したクジラの死体なども食べます。
動物園での食べ物は、馬肉やパン、リンゴ、魚(アジ)など。(上野動物園の場合)
クマの中で、泳ぎや潜水が最も達者です。

2023/02/17

チンパンジーの赤ちゃんに会えます!

2022年の年末、愛媛県立とべ動物園で生まれたチンパンジーのオスの赤ちゃん。
1月13日から、類人猿舎屋内展示場でみんなに会えるようになりました。
赤ちゃんに会える時間帯は、午前9時〜午前11時と午後13時〜午後16時50分です。
お披露目と同時に、赤ちゃんチンパンジーの名前投票も始まりました。
赤ちゃんに会いに行き、お気に入りの名前を投票しましょう。

<チンパンジー>
霊長目ヒト科。体長は74〜96㎝、体重26〜70kg。
アフリカの中央部、西部の森林やサバンナに生息しています。
果実を中心に種子や樹皮、ハチ、アリ、時には小動物を食べます。
動物園での食べ物は、野菜や果実、枝葉、パン、卵、煮干し、ヨーグルト。(多摩動物公園の場合)
たいへん頭が良く、しぐさや声、顔の表情などで、お互いの意思を伝え合います。

2023/01/13

愛媛県立とべ動物園のニュース一覧

アクセス・地図

開く

愛媛県伊予郡砥部町上原町240

アクセス1

動物園行きバスで:JR松山駅〜動物園前/松山市駅〜動物園前/伊予鉄立花駅〜動物園前

※情報が最新でない場合があります。公式サイトや電話でご確認の上、お出かけください。

動物情報

開く

  • クロサイは2頭います。
  • クー(メス)。2005年に横浜市立金沢動物園から来園しました。人なつっこい性格です。細くて比較的短い角が特徴です。
  • ストーム(オス)。2007年に広島市安佐動物公園から来園しました。人なつっこい性格です。根元が太く長い角が特徴です。
  • ホッキョクグマは2頭います。
  • バリーバ(メス)。2016年2月22日によこはま動物園ズーラシアから愛媛県立とべ動物園に帰ってきました。
  • ピース(1999.12.2生まれ メス)。愛媛県立とべ動物園生まれです。国内で初めて人工哺育され、立派に成長した有名熊です。

レッサーパンダがいます。

  • コウメ(2014/7/6、メス)
    仙台市八木山動物園から来園しました。好き心おう盛な性格です。名前には、梅の花のように、かわいらしく元気に育って欲しいとの願いがこめられています。
  • リュウノスケ(1999/7/27、オス)
    よく高いところに登って、上からお客さんを見下ろしています。
  • シャンチー(2007/6/26、オス)
    2012年11月、東北サファリパークから来園しました。
  • 砥々丸(2015/7/24、オス)
    シャンチーと優花の子です。

もっと楽しむ

イベントに参加したり動物園に貢献出来る『愛媛動物友の会、動物サポーター』があります。詳しくは動物園までお問い合わせください。

ひとことコメント

書き込む

書き込む内容を選んでね!

ニックネームを選んでね!

近くの動物園/水族館/観光牧場

開く

【PR】