伊豆アニマルキングダム

野生動物本来の迫力を観察できる動物園。伊豆半島の東海岸側、太平洋に浮かぶ伊豆七島を見渡せる場所にあります。サバンナを歩いているような感覚が味わえる「ウォーキングサファリ」では、自由に行動している猛獣や大型の草食動物たちに会えます。動物園の名物は、ホワイトタイガー。餌やり体験ができ、体長2mものホワイトタイガーが柵越しに迫ってくるスリルを感じられます。ウサギなどの小動物だけでなく、アルマジロやミナミコアリクイなどの珍しい動物とも触れ合えます。

開園時間 9:30〜16:00※最終入園は閉園の1時間前まで
休園日 6月14日〜16日、12月6日〜8日
入園料 平日:大人2,500円/小人(4歳以上)1,250円/65歳以上2,400円/土日祝・繁忙期:大人2,700円/小人(4歳以上)1,350円/65歳以上2,600円

ニュース

待望のシマウマの赤ちゃん誕生

伊豆アニマルキングダムで、7月20日に待望のグラントシマウマの赤ちゃん「サニー」が誕生しました。
サニーのお母さんはモカ(10歳)、お父さんはアース(19歳)。お母さん譲りの綺麗な毛の色味が特徴のオスです。
夏の厳しい暑さの中、モカは一生懸命子育てに取り組んでいたそうです。
そんなモカの子育てにより、サニーはとても元気に育っているとのこと。
これからもモカの愛情をたくさん受けて、健やかに育ってほしいですね。

<グラントシマウマ>
奇蹄目ウマ科。体長は1.9〜2.2m、体重は250〜300kg。
アフリカ東部の草原地帯(サバンナ)に生息し、主にイネ科の草を食べます。
野生下では、オス1頭と複数のメスとその子からなる5〜6頭のグループと、オスだけの数頭のグループに分かれて暮らしています。

2022/10/12

カピバラの赤ちゃん3匹誕生!

伊豆アニマルキングダムでカピバラのベビーブームです。8月と9月にカピバラの赤ちゃんがそれぞれ3匹産まれました。
赤ちゃんたちは練習のため1日数時間、外に出ており、1日中の展示はまだ先になるそうです。今しか見られない可愛い姿をぜひ見に行きましょう。

<カピバラとは>
ネズミの仲間では大型の動物です。ずんぐりした体型と大きな頭が特徴です。水辺や水中のイネ科の草などを食べます。パナマから南アメリカに生息しています。

2019/10/01

ヨツユビハリネズミの赤ちゃん誕生!

5月27日(木)にヨツユビハリネズミの赤ちゃんが産まれました。
赤ちゃんの産まれたときの体重は、10gほどしかなかったそうで、手のひらにちょんと乗る程度のサイズです。
まだ顔がシワシワですが、もうしばらくすると可愛い顔が見られるとのこと。

<ヨツユビハリネズミとは>
ハリネズミの1種で、トゲに覆われた背面が特徴です。アフリカのセネダルからスーダン、ザンビアの砂漠や湿地を除く様々な環境に生息しています。
昆虫や鳥類のヒナ、卵、果実などを食べます。

2019/06/03

伊豆アニマルキングダムのニュース一覧

アクセス・地図

開く

静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344

アクセス1

電車で:伊豆稲取駅より伊豆バイオパーク行きバスで約10分

アクセス2

お車で(東京方面から):東名「厚木IC」〜小田原厚木道路〜小田原〜R135〜熱海〜伊東〜伊豆バイオパーク

アクセス3

お車で(関西方面から):沼津IC〜R1・R136〜修善寺〜河津〜R135〜伊豆バイオパーク

※情報が最新でない場合があります。公式サイトや電話でご確認の上、お出かけください。

動物情報

開く

  • ミナミシロサイがいます。

ひとことコメント

書き込む

書き込む内容を選んでね!

ニックネームを選んでね!

近くの動物園/水族館/観光牧場

開く

【PR】