上野動物園

スマトラトラ、ニシローランドゴリラ等の希少動物をはじめ、500種あまりの動物を飼育している。飼育動物の種類は日本で最も多い。

開園時間 9:30〜17:00※入園券の発売は16:00まで
休園日 毎週月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)/年末年始(12月29日〜翌年1月1日)
入園料 一般600円/中学生200円(東京都内在住・在学の中学生は無料)/65歳以上300円/小学生以下は無料

ニュース

双子のジャイアントパンダ誕生!

上野動物園で、6月23日午前1時から2時ころに双子のジャイアントパンダが生まれました。
お母さんパンダはシンシン(メス)、お父さんパンダはリーリー(オス)です。

3月6日夕方と夜に交尾行動があり妊娠の可能性があると期待をされていました。

上野動物園でパンダの赤ちゃん誕生は、2017年6月のシャンシャン以来、4年ぶりです。

2021/06/23

上野動物園のジャイアントパンダに交尾行動がありました

上野動物園のジャイアントパンダのリーリー(オス)とシンシン(メス)に発情の兆候があり、3月6日夕方と夜に交尾行動がありました。妊娠の可能性は今後の観察で分かり次第、発表されるそうです。

リーリーは2020年11月中旬から逆立ちや木に体をこすりつけるなどの発情の兆候がありました。
メスのシンシンは2月から尿に含まれるホルモン値の上昇が確認され、2頭の発情ピークが近づいたことに合わせて同居させたそうです。3月9日からは通常の飼育に戻っています。

2021/03/10

シャンシャンの中国に返還は来年5月に延期

上野動物園のジャイアントパンダのシャンシャンは、12月末で中国に返還される予定でしたが、来年5月に延期されました。パンダが日本から中国に移動するためには、専門スタッフの同行が必要です。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で難しいと判断されたということです。

シャンシャンは3年前の2017年6月に、上野動物園生まれたメスのジャイアントパンダです。
母パンダはシンシン、父パンダはリーリーです。

シンシンとリーリーは、繁殖の研究目的で2011年2月に中国からやってきました。そのため、生まれたパンダは中国に返還する決まりになっているそうです。ちなみに、シンシンとリーリーも5年後に返還の予定です。

2020/12/20

上野動物園のニュース一覧

アクセス・地図

開く

東京都台東区上野公園9番83号

アクセス1

JR・東京メトロ・京成電鉄:「上野駅」から徒歩5分

アクセス2

東京メトロ:「根津駅」から徒歩10分

※情報が最新でない場合があります。公式サイトや電話でご確認の上、お出かけください。

動物情報

開く

  • ニシローランドゴリラは、モモタロウ(2000.7.3 オス)、コモモ(2009.11.14 メス)、モモカ(2013.4.24 メス)の3頭です。
  • ホッキョクグマは、デア(メス)の1頭です。
  • ヒガシクロサイもいます。

ジャイアントパンダがいます。

  • 力力(2005/8/16、オス)
    2011年2月に中国から来園しました。中国名は、ビーリー(比力)です。活発で食欲おう盛なパンダです。
  • 真真(2005/7/3、メス)
    2011年2月に中国から来園しました。中国名は、シィエンニュ(仙女)です。発育良好で容姿のよいパンダです。
  • 香香(2017/6/12、メス)
    リーリー(力力)とシンシン(真真)の子です。呼びやすく、漢字の「香」は花開く明るいイメージから名付けられました。

もっと楽しむ

イベントに参加したり動物園に貢献出来る『動物園サポーター』があります。詳しくは動物園までお問い合わせください。

ひとことコメント

書き込む

書き込む内容を選んでね!

ニックネームを選んでね!

近くの動物園/水族館/観光牧場

開く

【PR】