野生の王国群馬サファリパーク

群馬県富岡市にある本格的サファリパークです。
アフリカゾーン、日本ゾーン、ウォーキングサファリゾーン、アジアゾーン、アメリカゾーン、トラ・ライオンゾーン、バードゾーン、リトルゾーンの8つのゾーンで動物たちと出会えます。
シンリンオオカミの繁殖と展示を目的とした「オオカミの森・オオカミ繁殖センター」があります。
バードゾーンで、フラミンゴやベンガルワシミミズクなどの鳥類と一緒にレッサーパンダに会えます。

開園時間 3月1日〜10月31日(9:30〜16:00)/11月1日〜2月末日(平日9:30〜15:00、休日9:30〜15:30)
休園日 水曜定休※特別期間、水曜日が祝日の場合は営業
入園料 大人(高校生以上)2,700円/小人(3歳〜中学生)1,400円

ニュース

エルクの赤ちゃん誕生

野生の王国群馬サファリパークで5月末から6月末にかけて、エルクの赤ちゃんが生まれました。
エルクは、北アメリカの森林や草原で群れを作り生活するシカの仲間です。

誕生してから1ヶ月間、お母さんと赤ちゃんは群れから離れて生活していました。
8月に、3頭の赤ちゃんが園内のアメリカゾーンの群れに合流し、暮らしています。
群れに馴染んで元気に過ごしている赤ちゃんたちに、ぜひ会いに行きましょう。

<アメリカエルク(ワピチ)>
偶蹄目シカ科。体長は150〜250㎝、体高は120〜150㎝、体重は200〜400kg。
北アメリカの森林や草原に生息していて、草や樹木の葉、樹皮を食べます。
体の色は灰色を帯びた褐色で、背中と首は濃い栗色、お尻は黄色がかった白色をしています。

2022/09/05

赤ちゃんライオン、展示場デビュー!

今年6月に産まれた2頭の赤ちゃんライオンが家族と展示場デビューしました。ウォーキングサファリゾーン内「Wild CATS World」のライオン展示場で会えます。
展示場にいるのは、6月29日生まれのカオル(オス)、ミサト(メス)、お母さんのアスカ、お父さんのシンジ。また同じ両親から産まれた約2才の2頭、ユイ(メス)とマリ(メス)の合計6頭です。
両親や2頭の姉にじゃれつく可愛い姿が見られるそうです。

<ライオンとは>
ネコの仲間で、オスは立派なたてがみが特徴です。アフリカやインド北西部の草原地帯から砂漠に生息し、主に大型ほ乳類などを狩って食べます。

2019/09/10

マーラの赤ちゃん(オス)が誕生しました。2ヶ月連続の出産です。赤ちゃんは、小さな隙間によく隠れているようです。

2016/05/30

野生の王国群馬サファリパークのニュース一覧

アクセス・地図

開く

群馬県富岡市岡本1番地

アクセス1

東京・新潟方面より:関越自動車道・藤岡JCT〜上信越自動車道・富岡I.C.

アクセス2

長野方面より:上信越自動車道・長野I.C.〜富岡I.C.(105km)

※情報が最新でない場合があります。公式サイトや電話でご確認の上、お出かけください。

動物情報

開く

  • シロサイがいます。

レッサーパンダがいます。

  • 彩(2006/6/5、メス)
    毛色が濃くて、人懐っこいです。
  • 太陽(2003/7/3、オス)
    2009年2月20日に和歌山アドベンチャーワールドから来園しました。体全体が細く内気な性格です。
  • ヒマリ(2013/6/15、メス)
    池田動物公園からお嫁入りしました。他のレッサーと比べて色白で毛がふっくらとしています。

ひとことコメント

書き込む

書き込む内容を選んでね!

ニックネームを選んでね!

近くの動物園/水族館/観光牧場

開く

【PR】