神戸市立王子動物園

約130種、800点の世界の動物たちに出会えます。国内でも珍しいジャイアントパンダとコアラの両方に会える日本で唯一の動物園です。

開園時間 3月~10月(9:00~17:00)/11月~2月(9:00~16:30)※入園は閉園の30分前まで
休園日 毎週水曜日(祝日と重なる場合は開園)/年末年始(12月29日~翌年1月1日)
入園料 大人600円/中学生以下は無料

ニュース

今年も誕生!フラミンゴのヒナ

4月11日(木)にフラミンゴのヒナが1羽、卵からかえりました。
かえったばかりのヒナは親鳥に温められ、くちばしで体をさすられていたとのこと。
ヒナは小さな体で訪れたお客さんを和ませているそうです。
神戸市立王子動物園では、ヨーロッパフラミンゴとベニイロフラミンゴを飼育しており、毎年4月上旬ごろからふ化が始まります。
現在、フラミンゴ舎では、今回ふ化したヒナ1羽と3月下旬にふ化した1羽に会えます。

2019/04/12

レッサーパンダのミンファが鯖江市西山動物園に帰ります!

2月20日(水)にレッサーパンダのミンファ(メス)が鯖江市西山動物園に帰ることになりました。ミンファは2014年に鯖江市西山動物園からブリーディングローンで来園しました。2015年には、ガイア(オス)との間に25年ぶりの赤ちゃん「ティアラ」が生まれ、2017年には、ふたごの「ジャズ」と「メロディ」が産まれました。
神戸市立王子動物園でミンファに会えるのは、2月19日(火)までの予定とのことです。

2019/02/14

初の試み!動物園でパンダの飼育研究員募集

神戸市立王子動物園で、ジャイアントパンダの飼育研究員を募集されています。ジャイアントパンダの貸与契約が現在の1頭で終わる可能性があることから、研究成果の乏しさなどの指摘を重たくみたとのこと。
現在、園内にはパンダ担当者が2人、獣医師が6人います。餌やりや掃除が業務の中心で、行動観察はしていますが、研究は獣医師が中心だったそうです。今回募集される飼育研究員は、パンダの繁殖・飼育管理などの調査研究が主な業務となります。
2000年にパンダが来園して以来、飼育研究員というスタッフを置くのは初の試みだそうです。

受験資格は、大学などで生物・畜産・動物関係の専門課程を卒業、あるいは本年度卒業見込みの方です。申し込み時に提出する課題小論文で選ばれ、のちに面接が行われます。申し込み期間は来年1月10日までで、来年4月から1年契約です。
募集要項や申込みについて詳しくは飼育研究員を募集しますをご覧ください。

2018/12/19

神戸市立王子動物園のニュース一覧

アクセス・地図

開く

兵庫県神戸市灘区王子町3-1

アクセス1

公共交通機関で:JR灘駅より北へ徒歩5分/阪急王子公園駅より西へ徒歩3分/阪神岩屋駅より北へ10分

アクセス2

公共交通機関で:新幹線新神戸駅よりタクシー約10分または「布引」バス停より市バス90・92系統で王子動物園前下車すぐ

アクセス3

お車で:阪神高速神戸線 生田川ランプ降りて北へ,布引右折10分/阪神高速湾岸線高羽ランプ降りて北へ,弓の木左折15分

※情報が最新でない場合があります。公式サイトや電話でご確認の上、お出かけください。

動物情報

開く

  • ホッキョクグマは、みゆき(メス)の1頭います。

ジャイアントパンダがいます。

  • 旦旦(1995/9/16、メス)
    勝ち気な性格のパンダです。中国パンダ保護研究センター生まれです。 2017年9月16日に22才の誕生日を迎えました。

レッサーパンダがいます。

  • ガイア(2004/6/10、オス)
    よこはま動物園ズーラシア生まれです。 2009年4月20日に来園しました。 おとなしくて、優しい性格です。
  • ジャズ(2017/7/6、オス)
    ガイアとミンファの子です。
  • メロディ(2017/7/6、メス)
    ガイアとミンファの子です。

コアラがいます。

もっと楽しむ

イベントに参加したり動物園に貢献出来る『動物サポーター』があります。詳しくは動物園までお問い合わせください。

ひとことコメント

書き込む

書き込む内容を選んでね!

ニックネームを選んでね!

近くの動物園/水族館/観光牧場

開く

【PR】