埼玉県こども動物自然公園

レッサーパンダ、コアラ、カピバラなど、子供たちに人気の動物がたくさんいます。

開園時間 9:30~17:00(11月15日~2月10日は9:30~16:30まで)※入園は閉館の1時間前まで
休園日 毎週月曜日(祝日のときは開園)/年末年始(12月29日~翌年1月1日)※1月は月・火曜日が休園の場合があります。
入園料 大人(高校生以上)510円/小人(小・中学生)210円/小学校就学前の方は無料※平成25年7月1日より65歳以上の方の入園料が有料となっています。

ニュース

8月13日にギンガオサイチョウのヒナが巣立ちました。ギンガオサイチョウは、公益財団法人日本動物園水族館協会に加盟している動物園では4園で飼育されています。その4園の中でも繁殖は埼玉県こども動物自然公園が初めてです。サイチョウ類は、メスが樹洞にこもって産卵・子育てをし、ヒナが巣立つまで巣から出てきません。メスが巣にこもってから110日でヒナが巣立ったそうです。ギンガオサイチョウは、大きなくちばしとくちばしの上に様々な膨らみがあるのが特徴の鳥です。膨らみは種によって異なり、これをサイのツノに例え、サイチョウと呼ばれているそうです。

2018/09/06

6月24日(日)にレッサーパンダの赤ちゃんが2頭産まれました。残念ながら1頭は産まれてすぐに死亡してしまいましたが、もう1頭は元気に成長しているそうです。両親はハナビ(メス)とソウソウ(オス)です。赤ちゃんに会えるのは、10月中旬頃とのこと。

2018/08/09

プーズーの赤ちゃん(オス)の名前が「ジュン」に決まりました。名前は6月16日(土)〜24日(日)に行われた投票で、投票総数806票の中から235票を獲得したそうです。6月生まれであることから6月の英語Juneが名前の由来とのこと。現在、プーズーの親子には展示室で会えます。また、今後は少しずつパドックや放飼場に出す練習を始めていくそうです。

2018/07/06

埼玉県こども動物自然公園のニュース一覧

アクセス・地図

開く

埼玉県東松山市岩殿554番地

アクセス1

公共交通機関で:東武東上線高坂駅から徒歩約20分。または鳩山ニュータウン行きバス(大人180円:所要時間約7分)でこども動物自然公園前下車。

アクセス2

お車で:関越自動車道東松山ICから5km。関越自動車道鶴ケ島ICから国道407号、東松山方向、高坂4丁目交差点を鳩山方向へ3km。

※情報が最新でない場合があります。公式サイトや電話でご確認の上、お出かけください。

動物情報

開く

レッサーパンダがいます。

  • ミンミン(2002/7/17、オス)
    千葉県市原ぞうの国からむこ入りしました。
  • ナツ(2006/6/24、メス)
  • ハナビ(2011/7/9、メス)
    ミンミンとナツの子です。
  • ソウソウ(2012/7/8、オス)
    2015年3月2日、鯖江市西山動物園から来園しました。
  • ミヤビ(2017/6/25、メス)
    2017年6月25日、埼玉県こども自然公園で産まれました。ハナビとソウソウの子です。
  • 赤ちゃん(2018/6/24、不明)
    ハナビとソウソウの子です。

コアラがいます。

ひとことコメント

書き込む

書き込む内容を選んでね!

ニックネームを選んでね!

近くの動物園/水族館/観光牧場

開く

【PR】