神戸どうぶつ王国

多くの花が咲くグラスハウス内の「インサイドパーク」と屋外の「アウトサイドパーク」のエリアがあります。バードパフォーマンスやドッグパフォーマンスを行っています。

開園時間 平日(10:00~16:30)※入園は16:00まで/土・日・祝(10:00~17:00)※入園は16:30まで/12月23日~25日(10:00~19:00)※入園は18:30/12月26日~1月4日(10:00~17:00)※入園は16:30まで
休園日 毎週木曜日(春休み・GW・夏休み・年末年始は除く)※12月16日~1月11日(無休)
入園料 大人(中学生以上)1,500円/小人(小学生)800円/シルバー(65歳以上)1,100円/障がい者大人1,100円/障がい小人600円/4歳、5歳300円

ニュース

世界三大珍獣「コビトカバ」に会えます!

ジャイアントパンダ、オカピとともに三大珍獣の1種であるコビトカバに11月10日(土)から会えるようになりました。
今回、会えるようになったコビトカバは「コウメ(12才、メス)」で、東山動植物園から来園しました。
コウメのいるエリア「アフリカの湿地」は、生息地をイメージして作られたコビトカバの新展示場です。
この展示場では、水の中を泳ぐ姿や草木のある場所でくつろぐコウメの姿を間近で見られます。
コビトカバは、世界三大珍獣の1種で、カバに似た動物です。
体長は約1.5〜1.7m、体重約160〜240kgと、通常のカバの半分ほどの大きさです。
また、カバは水辺にいるのに対し、コビトカバは主に森林に生息します。
カバのようでカバとは違う、珍しい動物にぜひ会いに行きましょう。

2018/11/21

6月9日〜7月1日に名前募集されていたビントロングの赤ちゃん3頭の名前がそれぞれ「ウータン」「アイル」「ウダーラ」に決まりました。由来は、ビントロングの生息地で広く話されているマレー語からで、ウータンは森、アイルは水、ウダーラは空気という意味だそうです。森林破壊が止まり、彼らの生息環境が回復するようにという願いが込められています。3頭は、園内の「アジアの森」エリアで会えます。ビントロングは大型のジャコウネコの仲間です。ジャコウネコ科の中では、最長の尾を持ちます。南アジアから東南アジアの森林に生息しています。

2018/07/19

6月9日(土)からビントロングの三つ子の赤ちゃん(オス2頭、メス1頭)に会えます。3頭は10時20分から「アジアの森」にいます。そこで、親子の仲睦まじい姿が見られるそうです。また、7月1日(日)までアジアの森の展示場横で赤ちゃんたちの名前募集が行われています。詳しくはビントロングの赤ちゃん公開中!をご覧ください。
ビントロングは大型のジャコウネコの仲間です。ジャコウネコ科の中では、最長の尾を持ちます。南アジアから東南アジアの森林に生息しています。

2018/06/28

神戸どうぶつ王国のニュース一覧

アクセス・地図

開く

兵庫県兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9

アクセス1

JRで:三宮駅よりポートライナー空港方面に乗車し、14分「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車すぐ

アクセス2

お車で:阪神高速3号線「京橋」インターからポートアイランド神戸空港方面へ

アクセス3

ベイシャトル(高速船)で:関西国際空港から神戸空港経由で約43分

※情報が最新でない場合があります。公式サイトや電話でご確認の上、お出かけください。

動物情報

開く

  • レッサーパンダがいます。

レッサーパンダがいます。

  • 須々(2015/6/29、メス)
    2016年に那須どうぶつ王国から来園しました。 ダイズとジジの子で、朝日・陽那と3つ子です。 濃い色の隈取り、大きな体が特徴で、リンゴをおねだりするとき、上半身を上下に揺する「須々ダンス」を披露します。
  • 朝日(2015/6/29、オス)
    2016年に那須どうぶつ王国から来園しました。 ダイズとジジの子で、須々・陽那と3つ子です。 白っぽい顔立ちと濃い色の隈取りが特徴です。
  • 陽那(2015/6/29、メス)
    2016年に那須どうぶつ王国から来園しました。 ダイズとジジの子で、須々・朝日と3つ子です。 白っぽい顔が特徴で、気が強く、朝日や須々にパンチを食らわすこともあります。
  • レモン(2014/7/13、オス)
    2018年9月28日、西海国立公園九十九島動植物園森きららから来園しました。 ミカンとレンの子で、ライムとはふたごの兄弟です。 森きららの飼育員さんからの呼び名は「もんさん」です。

ひとことコメント

書き込む

書き込む内容を選んでね!

ニックネームを選んでね!

近くの動物園/水族館/観光牧場

開く

【PR】