ニュース

マングローブモニターのパックがデビューしました!

マングローブモニター(マングローブオオトカゲ)のパックが展示場にデビューしました。
パックは2016年11月に高知県立のいち動物公園に来園しました。空港で保護され、当初は体重が32gほどしかなく、展示場にデビューできる大きさではなかったそうです。現在は立派に成長し、2.5kgもあります。デビュー初日は警戒していましたが、すぐに慣れ、リラックスした姿や泳いでいる姿を見られるそうです。
マングローブモニターはトカゲの仲間で、色は黒く、背面にある白や黄色の斑点が特徴です。マングローブ林をはじめとした水辺や海岸にある林に生息します。