ニュース

世界三大珍獣「コビトカバ」に会えます!

ジャイアントパンダ、オカピとともに三大珍獣の1種であるコビトカバに11月10日(土)から会えるようになりました。
今回、会えるようになったコビトカバは「コウメ(12才、メス)」で、東山動植物園から来園しました。
コウメのいるエリア「アフリカの湿地」は、生息地をイメージして作られたコビトカバの新展示場です。
この展示場では、水の中を泳ぐ姿や草木のある場所でくつろぐコウメの姿を間近で見られます。
コビトカバは、世界三大珍獣の1種で、カバに似た動物です。
体長は約1.5〜1.7m、体重約160〜240kgと、通常のカバの半分ほどの大きさです。
また、カバは水辺にいるのに対し、コビトカバは主に森林に生息します。
カバのようでカバとは違う、珍しい動物にぜひ会いに行きましょう。