ニュース

絶滅の恐れがある日本固有のトゲネズミ類、

絶滅の恐れがある日本固有のトゲネズミ類、アマミトゲネズミが宮崎市フェニックス動物園で初めて繁殖が確認されました。飼育開始から21ヶ月目でのことだそうです。ちなみに産まれた赤ちゃんは、生育や繁殖のため、しばらく会えないとのことです。
アマミトゲネズミはネズミの仲間で、黒やオレンジがかった黄褐色の背面に灰色がかった白色の腹面が特徴です。常緑広葉樹林に生息し、主にイタジイの種や昆虫、サツマイモなどを食べます。