ニュース

8月13日にギンガオサイチョウのヒナが巣

8月13日にギンガオサイチョウのヒナが巣立ちました。ギンガオサイチョウは、公益財団法人日本動物園水族館協会に加盟している動物園では4園で飼育されています。その4園の中でも繁殖は埼玉県こども動物自然公園が初めてです。サイチョウ類は、メスが樹洞にこもって産卵・子育てをし、ヒナが巣立つまで巣から出てきません。メスが巣にこもってから110日でヒナが巣立ったそうです。ギンガオサイチョウは、大きなくちばしとくちばしの上に様々な膨らみがあるのが特徴の鳥です。膨らみは種によって異なり、これをサイのツノに例え、サイチョウと呼ばれているそうです。