ニュース

熊本地震の被災により、県外の動物園に避難

熊本地震の被災により、県外の動物園に避難させていたライオンやアムールトラが10月に熊本市動植物園に帰ってきます。帰ってくる動物は、アムールトラ1頭、ウンピョウ2頭、ライオン1頭、ユキヒョウ1頭の4種5頭です。地震で猛獣舎にヒビが入ったため避難していましたが、復旧の見通しがたち、10月22日・23日に移動するそうです。また、ライオンの「サン(オス、10才)」を預けていた九州自然動物公園アフリカンサファリからは、復興支援の一環で、メスのクリアが来園することになりました。熊本市動植物園の全面開園の見通しはまだ立っていないとのことです。